Amazonでの税関事務管理人サービスを多数行っております。Amazonでの輸入はぜひご用命ください。

税関事務管理人(ACP)は、関税法上、日本に拠点を有する者であれば誰でもなることができるとされていますが、輸入に関する正しい知見・実務経験がないと問題が起きてしまう可能性があります。

家族や知人・友人等に頼むというのはリスクがございます。そのようなケースで、適切に手続きを進めることができずに結局輸入通関が通らず、貨物を発送国に送り返されたという例もよく伺っております。勿論その場合、輸入できないどころか返送料、保管料等の不要なコストが発生してしまいます。

輸入に関する各種規制(関税法および他法令の規制)への対応、適正な納税を行うための関税評価(輸入申告価格)の算出および所管税関への評価申告対応、通関業法の独占業務を理解した上での通関業者との協業など・・、税関事務管理人に求められる知見は多岐にわたります。

 

ーー

SKアドバイザリーの税関事務管理人(ACP) サービス

1-非居住者輸入における関税評価・申告価格の取扱い

2-非居住者輸入における消費税の取扱い

3-税関事務管理人の取扱制限

4-税関事務管理人の届出書

5-税関事務管理人の届出資格

6-税関事務管理人が必要になるケース(Amazon, DDP取引など)

7-納税管理人(Tax Representative)

8-IOR/輸入者代行サービス