FTA/EPA 情報まとめサイト

ご覧いただきありがとうございます。FTA EPAコンサルタント・SKアドバイザリー代表の澤田です。

FTA/EPAの実務を始めた頃、原産地管理に必要な情報が色々なサイトに散在しているので情報収集に苦労しました。

1つのページで皆様が関連情報にアクセスできるように、情報をまとめてみました。是非ご活用下さい。

個々の企業様の実状・ケースに落とし込んだときにどうなるかといった相談がありましたら、お気軽に当社までお問い合わせ下さい。

 

全協定共通

経済産業省 ガイドライン 「原産性を判断するための基本的考え方と整えるべき保存書類の例示」 2019年10月改訂

FTA EPA活用時に用意すべき根拠資料等についてのガイダンス。EPA担当者は必読です。

日本商工会議所 第一種特定原産地証明書 発給申請マニュアル – 事前準備編 – 2021年12月改訂

第三者証明方式(日商に原産地証明書を発給してもらう必要があるもの)により原産地証明書を発行する場合には必読書です。

◍ 日本商工会議所 第一種特定原産地証明書 発給申請マニュアル – 発給システム編 – 2021年12月改訂

上記マニュアルの後編。第三者証明方式の場合は必ず目を通しましょう。

税関 原産地規則ポータル

税関が原産地に関係する情報をまとめているので、とても参考になります。この中でも、「原産地・品目別規則の検索」は便利です。そのほか、検認(事後確認)に関する情報や、各協定ごとの情報が掲載されています。

税関 EPA相手国側譲許表(関税率表)

日本が締結する経済連携協定の相手国側(相手国で輸入する場合)の譲許表が掲載されています。譲許表には、HSコードごとに、FTA/EPAを用いたときに適用できる特恵税率が書いてあります。

JETRO EPA活用法・マニュアル

EPA実践マニュアルとのタイトルの通り、他の公的機関の資料よりも詳しい内容になっています。

経済産業省 繊維製品の原産地規則・証明方法に関する留意事項

アパレル用品に規定される加工工程基準の証明方法について説明されています。

JETRO World Tariff

全世界、輸入国側でのHSコードごとの税率(MFN税率、EPA税率)が確認可能です。登録が必要ですが、無料です!

◍ HSコード関連

JETRO 全世界のFTAデータベース

全世界で締結されているFTAの情報を確認することができます。日本以外の第三国同士で締結されている協定を確認する時に活用できそうです。   

検認 事後調査関連

◍ 原産地証明方式/自己証明・自己申告業務要領

 

当社の強み

当社は、関税関連業務の専門性(品目分類(HSコード)、FTA原産地管理、関税評価等)を有し、FTA/EPAの業務管理上求められる各協定の原産地ルール、その他関係法令等のコンプライアンスに基づき適正なアドバイスが可能です。また、数多くのクライアントに対してFTA/EPAの原産地業務上のアドバイスを行ってきた経験から、各社が抱える共通課題や、業界のベストプラクティスにも精通しており、個別企業の状況を勘案した上での実務に則した提言、ハンズオンでのサポートが可能です。

実績例:
(1) ITソルーション導入に伴うFTA原産地管理業務プロセス整備プロジェクト
(2) 本邦及び海外の生産拠点におけるFTA原産地管理業務プロセス整備プロジェクト
(3) 原産地管理の専門ユニットの立ち上げ支援
(4) 日本商工会議所からの原産地証明書取得及び根拠資料整備実務代行

 

YouTube – EPA/FTA 自由貿易協定の使い方、原産地管理、原産地証明の取得方法(実践ステップ編)


[FTA/EPA関連サービスページ]

SKアドバイザリーのFTA/EPA・関税サービス

FTA/EPA原産地管理の業務プロセス整備、社内体制構築サポート

HSコード(品目分類/税番分類)の判定サービス

EPA/FTA 顧問サービス

FTA/EPA 特定原産地証明書の取得支援サービス

FTA/EPA 簡易ヘルスチェック | 現状診断と課題抽出

[FTA/EPA関連ナレッジページ]

EPA/FTA 自由貿易協定の使い方、原産地管理、原産地証明の取得方法

FTA-1ポイント:品目別規則(PSR)

FTA-1ポイント:関税分類変更基準(CTCルール)

FTA-1ポイント:付加価値基準(VAルール)

FTA-1ポイント:必要となる根拠資料

FTA-1ポイント:証明方式の違い(第三者/自己証明等)

FTA-1ポイント:生産情報の重要性について

FTA-1ポイント:検認 verification

FTA-1ポイント:インド向けEPA対応

FTA/EPA 参考情報まとめサイト