FTA/EPAで必要となる根拠資料

こんにちは。FTA/EPAコンサルタントの澤田です。

FTA/EPA適用のためには、原産品であることを証する一定の根拠資料を揃える必要があります。

第三者証明方式であれば、証明書発給機関である日本商工会議所に対して原産判定依頼を行う際、典拠資料として提出が必要なものもあります。

自己証明方式であってもしっかりと根拠資料を準備した上で、原産地に関する申告を行う必要があります。場合によっては、輸入通関時、検認時に提出が求められることがあります。

これら根拠資料について、必ずしも一か所にまとめて保存・管理しておく必要はありませんが、問われた際には各部署から収集して提出できるような体制になっておくことが大切です。

 

根拠資料リスト

【全般】

  • 証明資料の基礎情報(対象FTA/EPA, 生産者, 対象製品, 生産場所等・・・)
  • 総部品表
  • 製造工程表/図面(総部品表に書かれている部品が、どの工程において使用されたかが分かるもの)
  • 部品表、製造工程に基づき実際に部材が投入され、原産国において生産されたことが分かるもの(製造指示書等)
  • 構成部品について、原産材料として扱ったものがあればその証明資料(サプライヤー証明書、社内加工説明資料等)

【CTC/関税分類変更基準】

  • 対比表(完成品と構成部品のHSコードを比較し、HSコードの十分な変更が発生していることを説明できるもの)
  • HS分類の判定根拠
  • デミニマス(僅少)を適用した場合には、必要な原価情報とその裏付け

【VA/付加価値基準】

  • 計算ワークシート(原産資格割合の計算を示すもの)
  • 材料費、その他原価情報とその裏付け資料
  • 販売価格情報とその裏付け資料

【その他】

  • 海外の部材について「累積」の救済規定を用いて原産材料として扱った場合・・原産地証明書

 


SKアドバイザリーのFTA/EPA・関税サービス

FTA-1ポイント:品目別規則(PSR)

FTA-1ポイント:関税分類変更基準(CTCルール)

FTA-1ポイント:付加価値基準(VAルール)

FTA-1ポイント:必要となる根拠資料

FTA-1ポイント:証明方式の違い(第三者/自己証明等)

FTA-1ポイント:生産情報の重要性について F

TA-1ポイント:検認 verification

FTA-1ポイント:インド向けEPA対応

FTA/EPA 参考情報まとめサイト