こんにちは。FTA/EPAコンサルタントの澤田です。

FTA/EPA(自由貿易協定)を活用しているけど、今の原産地管理状況でいいのだろうか・・

検認に備えて、どのような根拠資料・社内体制を準備すればよいのだろうか・・

まずは簡易な監査をしてもらえないだろうか・・

このようなお悩みを抱えている方は少なくないのではないでしょうか?

FTA/EPA専門家によるヘルスチェックを行い、課題を抽出してみませんか?

簡易ヘルスチェックを行わさせていただいています。

お気軽にお声がけ下さい。

 

YouTube – EPA/FTA 自由貿易協定の使い方、原産地管理、原産地証明の取得方法(実践ステップ編)


[FTA/EPA関連サービスページ]

SKアドバイザリーのFTA/EPA・関税サービス

HSコード(品目分類/税番分類)の判定サービス

EPA/FTA 顧問サービス

FTA/EPA 特定原産地証明書の取得支援サービス

FTA/EPA 簡易ヘルスチェック | 現状診断と課題抽出

[FTA/EPA関連ナレッジページ]

EPA/FTA 自由貿易協定の使い方、原産地管理、原産地証明の取得方法

FTA-1ポイント:品目別規則(PSR)

FTA-1ポイント:関税分類変更基準(CTCルール)

FTA-1ポイント:付加価値基準(VAルール)

FTA-1ポイント:必要となる根拠資料

FTA-1ポイント:証明方式の違い(第三者/自己証明等)

FTA-1ポイント:生産情報の重要性について

FTA-1ポイント:検認 verification

FTA-1ポイント:インド向けEPA対応

FTA/EPA 参考情報まとめサイト  

 

 

 

外部参考資料

日本商工会議所 Q&A 検認とは何ですか?

経済産業省 経済連携協定(EPA)に基づく原産地証明書(第三者証明制度)への検認について