RCEPに署名, 中国・韓国と初EPA/FTA

ついに! 中国・韓国との自由貿易が始まります。

貿易を行うにあたりEPA/FTAの活用を通じた関税コスト削減は必須のスキルとなりました。

他方、原産品証明の手続き・コンプライアンス面での社内体制作りが必要になってまいります。

専門家(当社もサポートしています)の力を借りながら、適切に関税コスト削減を図り、企業競争力を高めていきましょう!

RCEPの原産地規則(そもそも第三者証明なのか、自己証明なのか)が気になります。

RCEP 15か国で協定に署名

 

YouTube – EPA/FTA 自由貿易協定の使い方、原産地管理、原産地証明の取得方法(実践ステップ編)


[FTA/EPA関連サービスページ]

SKアドバイザリーのFTA/EPA・関税サービス

HSコード(品目分類/税番分類)の判定サービス

FTA/EPA 特定原産地証明書の取得支援サービス

FTA/EPA 簡易ヘルスチェック | 現状診断と課題抽出

[FTA/EPA関連ナレッジページ]

EPA/FTA 自由貿易協定の使い方、原産地管理、原産地証明の取得方法

FTA-1ポイント:品目別規則(PSR)

FTA-1ポイント:関税分類変更基準(CTCルール)

FTA-1ポイント:付加価値基準(VAルール)

FTA-1ポイント:必要となる根拠資料

FTA-1ポイント:証明方式の違い(第三者/自己証明等)

FTA-1ポイント:生産情報の重要性について

FTA-1ポイント:検認 verification

FTA-1ポイント:インド向けEPA対応

FTA/EPA 参考情報まとめサイト