こんにちは。FTA/EPAコンサルタントの澤田です。 FTA/EPAごとに、証明方式が異なるのはご存じでしょうか。 それぞれ協定に定められた方法に従って原産地証明書を用意する必要がありますので、皆さんにとっても分かりやすいように一覧にしてみました。 ご参照下さい。  

  • 第三者証明方式:輸出者が輸出国における発給機関(日本では日本商工会議所)から原産地証明書を発給してもらう方式。
  • 認定輸出者自己証明方式:輸出国(日本では経済産業大臣)が認定した輸出者自らにより、原産品であることを自己申告する方式。
  • 自己証明方式:輸入者、輸出者又は生産者自らにより、原産品であることを自己申告する方式。

 

FTA/EPA 協定 発効 時期 HSバージョン 第三者証明方式 認定輸出者 自己証明方式 自己証明方式
日シンガポール 2002/11 2002    
日メキシコ 2005/4 2002  
日マレーシア 2006/7 2002    
日チリ 2007/9 2002    
日インドネシア 2008/7 2002    
日ブルネイ 2008/7 2002    
日ASEAN 2008/12 2002    
日フィリピン 2008/12 2002    
日スイス 2009/9 2007  
日ベトナム 2009/10 2007    
日インド 2011/8 2007    
日ペルー 2012/3 2007  
日オーストラリア 2015/1 2012  
日モンゴル 2016/6 2012    
TPP11 2018/12 2012    
日EU 2019/2 2017    
日米 2020/1 2017     ●(輸入者のみ)
日英 2021/1 2017    
RCEP 未発効 2012

SKアドバイザリーのFTA/EPA・関税サービス

FTA-1ポイント:品目別規則(PSR)

FTA-1ポイント:関税分類変更基準(CTCルール)

FTA-1ポイント:付加価値基準(VAルール)

FTA-1ポイント:必要となる根拠資料

FTA-1ポイント:証明方式の違い(第三者/自己証明等)

FTA-1ポイント:生産情報の重要性について F

TA-1ポイント:検認 verification

FTA-1ポイント:インド向けEPA対応

FTA/EPA 参考情報まとめサイト