関税/貿易、ACP(税関事務管理人)、TAX AGENT(納税管理人)、海外進出、ODA(途上国開発支援)などのコンサルティングサービスを通じて、日本経済の再興および広く社会に貢献してまいります。

 

会社概要

社名 SKアドバイザリー株式会社
設立 2020年10月
代表者 代表取締役 澤田 圭佑
所在地 埼玉県さいたま市中央区上落合七丁目7番2-1905号
電話番号 (+81) 048-700-7073
メールアドレス sk@sk-advisory.jp
ウェブサイト https://skadvisory.jp/
事業概要 ・ 関税/貿易, EPA/FTA コンサルティングサービス
・ 税関事務管理人(ACP)  納税管理人(Tax Representative) サービス 
・ HS判定サービス
・ (JICA)海外進出支援コンサルティングサービス
・ ODA 国際開発コンサルティング(貿易・税関分野等) 他
認定履歴

Amazon SPN (Service Provider Network) 公認 サービスプロバイダー(税関事務管理人/貿易コンプライアンス分野)

 

代表紹介

代表取締役 澤田 圭佑

関税/貿易・サプライチェーン領域

 株式会社メタルワンでの商社営業職を通じて輸出入貿易含むトレーディング業務に携わり、その後、KPMG税理士法人にて関税/間接税コンサルティング業務に従事。
 2020年にSKアドバイザリー株式会社を設立し、関税/貿易/FTA.EPA関連/税関事務管理人等の専門家として官公庁、民間企業向けにコンサルティングサービスを提供中。

 通関士有資格者として関税関連業務の専門性(品目分類(HSコード)、FTA原産地管理、関税評価等)を総合的に有し、各種法令等のコンプライアンスに基づき適正なアドバイスが可能。また、数多くのクライアントに対して関税/貿易関連業務のアドバイスを行ってきた経験から、各社が抱える共通課題や、業界のベストプラクティスにも精通しており、個別企業の状況を勘案した上での実務に則した提言、ハンズオンでのサポートを提供している。

国際開発・海外進出領域

 独立行政法人 国際協力機構(JICA)の業務を通じ、開発途上国における通関/税関、税務分野改善での専門家、日系企業の海外進出などのアドバイザーとして幅広くODA事業に携わっている。
 2021年:JICA 南部アフリカ4か国 OSBPを通じた通関改善プロジェクト設計調査
 2022年:JICA タンザニア国 歳入庁 リスクベースアプローチに基づく税務調査能力強化プロジェクト詳細計画調査、南スーダン国 税関コード導入による税関能力強化プロジェクト フェーズ2 プロジェクト専門家(関税分類/事業計画)
 その他、
JICA在外事務所 企画調査員(於:バングラデシュ、ラオス)、青年海外協力隊(バングラデシュ)に従事。

学歴・資格等

通関士有資格、税理士試験科目合格(簿記論、財務諸表論)、TOEIC 915点、ベンガル語可
MSc サプライチェーン修士号:(伊)ミラノ工科大学大学院 & (仏)オーデンシアビジネススクール(2016年修了)
MBA:(豪)ボンド大学大学院(2013年修了)
関西大学 総合情報学部卒