JICA・アフリカ南部回廊における通関改善支援プロジェクトの計画策定調査を受託

SKアドバイザリー株式会社は、独立行政法人国際協力機構(以下、JICA)の「アフリカ地域・南北回廊における円滑なOSBP運営管理能力強化プロジェクト詳細計画策定調査(評価分析/国境管理)」を受託しました。

JICAでは、アフリカ地域の国境においてOSBP(ワン・ストップ・ボーダーポスト=輸出入通関の手続きを効率化する仕組み)の導入を通じた貿易円滑化に取り組まれています。

今般受託した調査は、同取組みのうち南北回廊の国境を対象とした「技術協力プロジェクト」の詳細計画を策定するためのものです。

プロジェクトの支援対象国境(以下、3国境)を中心に、対象国の政府/関係機関との協議等を通じてプロジェクトの詳細設計を行ってまいります。

  • ザンビア – ジンバブエ間のチルンド国境
  • ザンビア – ボツワナ間のカズングラ国境
  • 南アフリカ – ジンバブエ間のベイトブリッジ国境

 

調査従事期間:2021年4月~8月(予定)

 

 

 

前の記事

インド向けEPA対応 (更新)