関税率の調査サービス

日本含む、世界各国の輸入関税率を調査することが可能です。 「関税率」には幾つか種類があります。例えば日本の輸入の場合では、基本税率、WTO税率、一般特恵税率、特別特恵税率、EPA/FTA税率といったものが挙げられます。個別の企業様の事情・ご要望をヒアリングして、適用すべき税率の種類を判断します。 次に、適切なHSコードを確定します。関税率はHSコードによって決定しますので、HSコードを正確に把握することが重要です。なお、HSコード(7桁目以降の細分)は国によって異なりますので、調査対象国のHSコードを正しく判定する必要があります。  

貿易統計調査サービス

貿易統計データベースを利用して、対象国での物品(HSコード)ごとの輸出入物量・金額等を調査することが可能です。市場価格の調査等にご活用いただけます。  

[関税/貿易関連サービスページ]

関税/貿易・FTA/EPAコンサルティングサービス

HSコード(品目分類/税番分類)の付番サービス

関税/貿易 顧問サービス

税関事後調査(輸入事後調査)対応サポート

移転価格調整への関税対応サポート | 関税評価上の取扱いの確認と修正申告支援

各国の関税率調査サービス/貿易統計調査サービス

[関税/貿易関連ナレッジページ]

関税評価 – 輸入申告価格の決定方法 HSコードの判定(品目分類)とは

[FTA/EPA関連サービスページ]

SKアドバイザリーのFTA/EPA・関税サービス

HSコード(品目分類/税番分類)の判定サービス

EPA/FTA 顧問サービス

FTA/EPA 特定原産地証明書の取得支援サービス

FTA/EPA 簡易ヘルスチェック | 現状診断と課題抽出

[FTA/EPA関連ナレッジページ] EPA/FTA 自由貿易協定の使い方、原産地管理、原産地証明の取得方法 FTA-1ポイント:品目別規則(PSR) FTA-1ポイント:関税分類変更基準(CTCルール) FTA-1ポイント:付加価値基準(VAルール) FTA-1ポイント:必要となる根拠資料 FTA-1ポイント:証明方式の違い(第三者/自己証明等) FTA-1ポイント:生産情報の重要性について FTA-1ポイント:検認 verification FTA-1ポイント:インド向けEPA対応 FTA/EPA 参考情報まとめサイト