HSコードは、「商品の名称及び分類についての統一システムに関する国際条約(HS条約)」において、判定に関する規則や、6桁までの分類番号が決められています。なお、HSコードの決め方については「統一システムの解釈に関する一般的規則(General Rules for the Interpretation of the Harmonized System)」という分類規則において定められています。この分類規則に従って、各HS条約加盟国は、各国の国内法に基づいて7桁目以降の番号を決定しています。

日本においては、上記分類規則に則って(国内法・関税定率表の別表という位置づけとして)「関税率表の解釈に関する通則」を基礎としてHSコードの判定を行うこととしています。この通則では通則1から通則6まで規定されており、概要は以下の通りです。

  • 通則1 基本原則
  • 通則2 項(HSコードの上4桁)の範囲を拡大する規定
  • 通則3 物品が二以上の項に属するとみられる場合の所属の決定方法
  • 通則4 関税率表中に該当するとみられる項がない場合の物品の所属の決定方法
  • 通則5 収納容器、包装材料及び包装容器の分類
  • 通則6 項のうちのいずれの号(HSコードの上6桁)に物品が属するかを決定する方法

 

HSコード判定に用いる参考情報:

HSコード判定の際に用いる参考情報等について下記リンクを貼付します。

HSコードの調べ方について正確に把握するのは容易なことではありません。

一見名称だけ見ると品目表に当てはまっているように見えても、ルールに照らすと異なるHSコードになることが多々あります。

最終的なHSコードの判定については当社のような通関士有資格者、通関業者、有識者等に確認いただくのが安全です。

 

HSコードの判定サービスについて

関税・貿易・FTA/EPAアドバイザリーサービスについて