イギリスのTPP加入の正式申請について

ご覧いただきありがとうございます。FTA/EPAコンサルタントの澤田です。

イギリスがTPP加入の正式申請を行ったことがニュースになっています。

日本とは既に日英EPAがあるので、二国間貿易での関税上のメリットへのインパクトは限定的と言えます(モノによっては比較して譲許税率、品目別規則などについてTPPの方が好ましいというケースも有り得るとは思いますが)。

ですが、TPP経済圏での「累積」をイギリス含め活用することでメリットを享受できる企業はいらっしゃると思います。

今現在、日英EPAを活用したい/活用している企業で、VA(付加価値基準)原産資格割合が閾値を超えられない場合、CTC(関税分類変更基準)で一定の材料を原産材料としないと原産資格を得られない場合などで、累積を活用して材料の原産化を図ることで最終製品の原産化ができることがあるかもしれません。

ただし、累積を利用する場合には協定のルールに従って証明する必要がありますのでご留意下さい。

 

◍参考 現 TPP11の加盟国(緑色)

日本
ASEAN:シンガポール、ベトナム、ブルネイ、マレーシア
オセアニア:オーストラリア、ニュージーランド
北米:カナダ、メキシコ
南米:ペルー、チリ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です