日英EPA承認、1月発効へ

ご覧いただきありがとうございます。FTA/EPAコンサルティングをしております澤田です。

英国側でも承認され、とりあえず日本⇔英国間の貿易については、無事に2021年1月1日から利用できるということになりました。

基本的には日EU-EPAの内容を踏襲しているということですが、原産地規則の適用にあたってはしっかりと品目別規則等を再確認していかないといけませんね。

日英EPAの協定文リンク

 

次は、英国⇔EU間の交渉状況が注視されます。

日経新聞記事「英議会も日英EPA承認、1月発効へ」

 

YouTube – EPA/FTA 自由貿易協定の使い方、原産地管理、原産地証明の取得方法(実践ステップ編)


[FTA/EPA関連サービスページ]

SKアドバイザリーのFTA/EPA・関税サービス

HSコード(品目分類/税番分類)の判定サービス

FTA/EPA 特定原産地証明書の取得支援サービス

FTA/EPA 簡易ヘルスチェック | 現状診断と課題抽出

[FTA/EPA関連ナレッジページ]

EPA/FTA 自由貿易協定の使い方、原産地管理、原産地証明の取得方法

FTA-1ポイント:品目別規則(PSR)

FTA-1ポイント:関税分類変更基準(CTCルール)

FTA-1ポイント:付加価値基準(VAルール)

FTA-1ポイント:必要となる根拠資料

FTA-1ポイント:証明方式の違い(第三者/自己証明等)

FTA-1ポイント:生産情報の重要性について

FTA-1ポイント:検認 verification

FTA-1ポイント:インド向けEPA対応

FTA/EPA 参考情報まとめサイト

 

 

次の記事

FTA/EPA ヘルスチェック